SERVICES 診療案内

白内障 白内障

  • かすんで見える
  • 眼鏡をかけても急に見えにくくなった
  • 明るい箇所が見えにくい

白内障は加齢によって水晶体が濁り、視力が低下する病気です。
当院では、白内障に対する超音波乳化吸引装置を用いた小切開手術を行っています。日帰り手術にも対応しています。
術後に老眼鏡を使用する頻度が少なくなるよう、眼内レンズは高次非球面レンズ(次世代型単焦点レンズ)も取り扱っております。

眼軸長測定器

白内障手術の際には、水晶体を除去した後に、眼内レンズを挿入します。そのレンズの度数を調べるために必要な眼軸長(眼球の奥行きの長さ)を精密に測定する機器です。

高次非球面レンズ(次世代型単焦点レンズ)

多焦点レンズのように光をまぶしく感じたり、にじんで見えたりするような症状が起こりにくい上、従来の単焦点レンズに比べて、中間距離もより見えやすく設計されたレンズです。

緑内障 緑内障

  • 視野が狭くなった
  • 視力が低下してきた
  • 眼圧が高いと言われた

緑内障は40歳以上に多く見られる目の病気です。
視神経が圧迫されて視野の狭窄を引き起こします。自覚症状が出にくく、ゆっくりと進行するため、定期的な検診による早期発見と適切な治療が欠かせません。
眼圧を下げる点眼治療によって、日常生活に大きな支障が出ない程度の見え方を保つことが可能です。

眼圧計

緑内障は長期間にわたって眼圧が高くなることで、視神経が損傷を受けて視野が狭くなりますが、正常な眼圧で緑内障を発症することもあります。そのため、定期的な眼圧検査と眼科診察を受けることが大切です。

網膜・硝子体疾患 網膜・硝子体疾患

  • 黒い点や虫のようなものが見える
  • 目の前が歪む、濁って見える
  • 視野の中心が暗い

眼球の奥側を覆う網膜と眼球を満たすゼリー状の硝子体は常に接した状態です。加齢などによって網膜周辺に穴が開いたり、網膜が硝子体から剥がれたりする(網膜剥離)と、視野や視力に影響します。
糖尿病の合併症である糖尿病網膜症は、高血糖により網膜の毛細血管が損傷する病気で、失明することもあります。進行の程度に応じてレーザー治療を提案します。

アレルギー性結膜炎 アレルギー性結膜炎

  • 目がかゆい
  • 目がゴロゴロする
  • 目が赤い

アレルギー性結膜炎は、花粉やダニ、ペットの毛などのアレルギーを起こす原因物質に反応して起こります。
目のかゆみや充血、異物感、涙が出るなどの症状がみられます。
当院ではアレルギー検査で原因を特定して、点眼薬や内服薬で症状を緩和します。角膜などにも症状がおよぶ重症の場合は、さらに治療が必要になることもあります。

ドライアイ ドライアイ

  • 目が乾燥する
  • 目がしょぼしょぼする
  • 目を開けていられない

ドライアイは、涙の量の不足や質が悪くなることによって、目の渇きや異物感、充血、疲れ、痛みなどの不快感が起こる病気です。現代ではスマートフォンやパソコンの使用、コンタクトレンズの装用の増加により、ドライアイの症状を訴える人が増えています。
原因や症状に合う適切な目薬や治療法で、目の乾燥を緩和します。

眼鏡・コンタクトレンズ処方 眼鏡・コンタクトレンズ処方

  • 眼鏡が見えにくくなってきた
  • コンタクトレンズを作りたい
  • 眼鏡からコンタクトレンズに変えたい

眼鏡やコンタクトレンズは合わないものを使用していると、視力の低下や目の疲れなどにつながります。精密な検査と眼科医の診察を受けて、目に合ったものを使いましょう。
特にコンタクトレンズは高度管理医療機器のため、眼科医の診察が必要です。 当院では、一部のカラーコンタクトレンズや使い捨てコンタクトレンズの処方も行っています。
※コンタクト検診・処方箋の発行は保険診療で可能です。保険証をお持ちください。
※眼鏡やコンタクトレンズができるのは視力の矯正で、視力の改善・回復までは期待できません。

視力計

眼鏡やコンタクトレンズの作成にあたり、裸眼視力と矯正視力を測定する機器です。近視、遠視、乱視を診断して、適切な度数の眼鏡やコンタクトレンズを処方します。

ロービジョンエイド

拡大鏡や遮光眼鏡、単眼鏡、拡大読書器などの支援機器・補助具の使用や、照明やコントラストの調整、眼球運動訓練などを通して、今よりもより快適に見るためのサポートを行います。

小児眼科 小児眼科

  • 目を細めてテレビを見ている
  • 学校の検診で眼科の受診をすすめられた
  • よく目をこすっている

近視、遠視、乱視の検査や、弱視、斜視の診療、色覚検査も行っています。
弱視は早期に発見してお子さまに合った治療を行うことで、改善する場合があります。診療室は暗いので、お子さまが恐怖や不安を感じないようにコミュニケーションに配慮しています。
ものを見るときに目を細める、、顔を斜めにして見ている、色の認識が異なるなど、気になることがあれば早めにご相談ください。

視力訓練装置(ワック)

ものを見るときは毛様体筋が緊張してピントが合いますが、ゲームやスマートフォンなどの操作で近くを見続けていると、習慣的に毛様体筋が緊張して仮性近視の状態になります。視力訓練装置(ワック)は、近づいたり離れたりする画像を見ることで毛様体筋の緊張を緩和し、仮性近視を改善する機器です。

麦粒腫 麦粒腫

  • まぶたにできものができた
  • まぶたが赤く腫れている
  • 目がかゆい、痛みがある

麦粒腫は、めばちこ、ものもらい、めいぼなどとも呼ばれます。まぶたにある涙の分泌腺や汗の出る毛穴などから細菌が感染して、まぶたの腫れや赤み、かゆみ、痛みなどの症状がみられる病気です。
化膿すると膿が出てくることもあります。治療は抗生物質の点眼や内服などで行い、化膿した場合にはまぶたを切開することもあります。

眼瞼痙攣(がんけんけいれん) 眼瞼痙攣(がんけんけいれん)

  • まぶたがピクピクする
  • 目を開きにくい
  • 目が乾く

目の周りの筋肉である眼輪筋が無意識に痙攣する状態です。
初期は、目が乾く、まぶしいなど、ドライアイに似た症状がみられ、進行すると目を開きにくい、手でまぶたを持ち上げないと目が開かないといった状態になります。中高年の女性に多くみられる病気です。
当院では眼輪筋にボツリヌス注射を行う治療を行っています。

エイジングケア エイジングケア自由診療

  • 疲れやだるさを感じる
  • 身体が冷える
  • 元気に過ごしたい

当院では以下のエイジングケアを行っています。

■高濃度グルタチオン点滴(白玉点滴)

グルタチオンは、体内にも存在する抗酸化作用のある物質で、細胞を活性化し、健康の維持に役立ちます。グルタチオンは目と親和性が高く、白内障手術などの際に眼球の中を満たす製剤として広く使用されています。

■ビタミン点滴療法(マイヤーズカクテル点滴)

身体に必要な栄養素のビタミンやマグネシウム、カルシウムなどのミネラルを使用した点滴です。本来の治癒力を高めて、疲労軽減が期待できます。

■にんにく注射(厚生労働省承認医療用医薬品)

ビタミンBやビタミンCを効率的に補給できる点滴です。疲労や倦怠感、冷えの軽減が期待できます。

■水素吸入療法

水素吸入療法は、酸素と一緒に水素ガスを吸入する方法です。老化を進める活性酸素を選択的に取り除くことで、疲労軽減などが望めます。

■プラセンタ注射

プラセンタは胎盤から抽出される成分です。自然治癒力を高め、血行改善や免疫力の向上が期待できます。

詳しくはこちら

各種サプリメント 各種サプリメント自由診療

  • 目の機能を保ちたい
  • 目の健康を意識したい

当院では、目や身体の健康維持や体調を整えて快活に過ごすためのサポートに役立つ成分を含む各種サプリメントを取り扱っています。

■Lypo-C VitaminC
(Lypo-C)

健康維持に欠かせないビタミンCを効率的に補給できます。

■サンテウェルビジョン
(参天製薬株式会社)

ルテインとポリフェノールが配合されており、目の健康維持に役立ちます。

■サンテグラジェノックス
(参天製薬株式会社)

目の健康を保つ松樹皮エキスとビルベリーエキスが含まれています。

■プラチナリキッド
(メルスモン製薬株式会社)

ウマから抽出したプラセンタ、ヒアルロン酸、クエン酸を配合したマスカット味の飲料タイプです。

■ピュアクリスタルカプセル(メルスモン製薬株式会社)

ウマから抽出したプラセンタとポリフェノールの一種であるフランス海岸松樹皮エキスを配合したカプセルタイプです。

  • ※自由診療です。
  • ※健康の維持をサポートする補助食品・健康食品であり、症状を治療するものではありません。

連携している高次医療機関等のご紹介

より専門的な検査・治療が必要だと思われる場合は、連携している高次医療機関をご紹介いたします。
どうぞ安心してご来院ください。